漢検準一級・一級合格の為のデータブログ

漢検準一級・一級合格の為のデータブログです。

準一級 90-07 綬

90-07
ジュ          
ひも くみひも        
印綬 いんじゅ 古代中国で、天子から授けられた官職任命の印とそれを下げるひも。
印綬を解く いんじゅをとく 官職をやめること。辞任すること。
本来、印綬を体からはずすことをいい、官職に就くことを「印綬を佩(お)びる」という。
組綬 そじゅ 印を腰にさげたり勲章をつけたりするためのくみひも。
▽「組」「綬」ともにくみひもの意。
解綬 かいじゅ (「綬」は官職の印を身につける際に使う組紐)
官職を解くこと。また、官職を辞すこと。
紫綬 しじゅ ①高官の印璽の紫色の組紐
②藤花の形容。
紫綬褒章 しじゅほうしょう 学術・芸術上の発明・改良・創作に関し、事績著明な者に授与される褒章。紫色の綬で佩用。
大綬 たいじゅ 最も大きな綬。
大勲位菊花大綬章・桐花大綬章・旭日大綬章瑞宝大綬章等を佩(お)びるのに用いる。
綬帯 じゅたい 官職をあらわす印形を身にさげるときに用いる組みひもの帯。